@hotmail.com理事長挨拶 | 日本眼光学学会

理事長挨拶

TOP 理事長挨拶
理事長挨拶

理事長 日本眼光学学会は、眼科医師と視能訓練士、光学技術者、視覚研究者をメンバーとし、眼の機能とくに生理光学、レンズ、眼科診断装置等に関する基礎的、応用的問題の研究、発展に資することを目的として昭和40年に発足した学会です。

本学会に関係する過去の研究会には、近視グループディスカッション(昭和38年~56年)、屈折調節研究会(昭和57年~平成19年)があり、 過去の学会としては眼科ME学会(眼光学学会と平成7年~ 18年合同学会として開催)がありましたが、これらは発展的に本学会に合併する形となり、現在に至っています。眼機能の評価は、眼科医療の基本であり、これを医学系と工学系の研究者が一緒になって一歩踏み込んだ形でdiscussionが行える本学会は、日本眼科学会の関連学会のなかでもユニークで重要な存在です。

最近は3D映像がブームになっていますが、このような新しい映像機器の生体影響を検討できるのも、本学会ならではと思います。今後も新しい屈折矯正法や、眼科診断装置が開発されると思われますが、学会総会や本学会の雑誌である“視覚の科学”を通して、それらの原理や評価法などについて発信していく所存です。どうぞよろしくお願い致します。

日本眼光学学会 理事長
不二門 尚
日本眼光学学会事務局
オフィス シエンシア・タキウチ内
担当:瀧内 咲智子

〒700-0011
岡山県岡山市北区学南町2-6-56-B105
TEL&FAX:086-259-1914
E-mail: